女性ホルモンの乱れ 原因

女性ホルモンが乱れてしまう原因と整え方は?

 

ストレスの多い現代社会で、女性ホルモンのバランスの不調に悩む方は多いのです。

 

ストレスで自律神経が乱れると、卵巣への指令が上手く伝わらず、女性ホルモンも乱れてしまいます。

 

ストレスになっているものをなくせばいいと言いますが、仕事に関する事や家族に関する事などそんな簡単に切り捨てられないものが殆どでそんな事出来ませんよね?

 

なので女性ホルモンの不調を整える対策を考えるしかありません。

 

女性ホルモンが乱れてしまう原因は自律神経の乱れセロトニンの不足卵巣疲れなどによるものです。

 

これらの原因を日頃からケアして対処して行きましょう。

 

自律神経の乱れている人

 

自律神経が乱れている人は生理前に肩凝りや手足の冷え、めまいなどの症状を感じやすく、血管・神経系に不調が出やすくなります。

 

交感神経が優位の生活となってしまっているので、末端まで血行が行きわたらず、子宮や卵巣への栄養素も十分に届いてない状態ですので入浴や岩盤浴、マッサージなどで身体を温めてホルモンバランスを整えましょう。

 

副交感神経が優位になり、自然と女性ホルモンのバランスが良くなっていきます。

 

セロトニン不足の人

 

幸せ物質と呼ばれている「セロトニン」は身体よりも気分や感情面の不調が出やすい傾向があります。

 

特に30代以上の方はエストロゲン分泌量と同様にセロトニンも低下していくものなので年々生理の不調が出やすくなります。

 

セロトニンを活発化させるにはウォーキングなどのリズム運動や、深い深呼吸をすることが大切です。

 

特に姿勢が悪くなっていると呼吸が浅くなりがちなので姿勢にも気をつけ長めの呼吸を意識しましょう。

 

卵巣疲れの人

 

最近20代〜30代に増加しているホルモン分泌が一時的に低下し、卵巣の働きがスムーズに行われない状態のことをいう卵巣疲れ。

 

主な特徴としては生理不順だったり不正出血が起きたり、生理が一見順調のようでも、基礎体温を測ると二層性になっていないなどの生理状態がみられます。

 

他にもイライラしたり気分が落ち込みやすかったり、しつこい肩凝りや疲労感、手足の冷え、頭痛、腰痛、眩暈や耳鳴り、不眠症、食欲不振、頻尿などの不快症状も出てきます。

 

またあのいやーな大人ニキビの原因にもなっています。

 

30代〜50代の方も加齢による卵巣機能の低下で女性ホルモンの乱れが出ます。

 

こうなると食事の際にたんぱく質やビタミンE、カリウム、コエンザイムQ10など、卵巣の新陳代謝がスムーズになり、女性ホルモンが活性化する食材を積極的に摂取することです。

 

適度な有酸素運動を行う事によっても女性ホルモンの不調を和らげてくれます。

 

ラ・ミューテ公式サイト

 

ラ・ミューテ美容液のみであれば半額で試すことができます。

 

ラ・ミューテ半額お試しモニターの詳細はこちら