女性ホルモン 大人ニキビ

女性ホルモンと大人ニキビの関係は?

 

大人ニキビは思春期に出来るニキビと違い、女性ホルモンのバランスが大きく関係しています。

 

なので思春期とは違うニキビケアをしなければなりません。

 

また、乾燥しがちだったり敏感肌体質の方も、この女性ホルモンが関係しているのです。

 

生理前にニキビが出来てしまう理由

 

わかりやすい例として生理前になると出来てしまう大人ニキビがあげられます。

 

このニキビは女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンの分泌が盛んになって、、卵胞ホルモンと呼ばれる美肌をつくるホルモンの活動が低下します。

 

この黄体ホルモンが子宮内膜を受精卵が着床しやすいように厚く柔らかくしてくれるものなのですが、黄体ホルモンは体内に水分を溜めようとして便の水分量を減少させてしまう働きをします。

 

なので腸の活動が鈍っている上に便が硬くなるので便秘になりがちで、排泄されるはずの毒素が体に吸収されてしまいニキビが出来る原因となってしまうのです。

 

また黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きをします。

 

どんな働きをするかというと皮脂の分泌を活発にするため、ニキビが出来やすくなってしまうのです。

 

ストレスが溜まると黄体ホルモンの活動が優位になってしまう!

 

ストレスが溜まってくるとこの男性ホルモンに似た働きをする黄体ホルモンが活発化してしまいます。

 

黄体ホルモンが増えると皮脂の分泌量も増えてしまうので余分な脂が毛穴に詰まってしまうんですね。

 

また、生理前にニキビが出来るのは自然なこととされていますが、このストレスによる黄体ホルモンの分泌が増えているために生理ニキビが出来やすい原因になっているのかもしれません。

 

もしも生理が終わってもニキビがなかなか治らない場合はその可能性が高いと言えます。

 

なのでストレスをためない様にするのが一番なのですが、ストレスの原因ってそんな簡単に解消出来るものじゃありませんよね。

 

そこで大切になってくるのが日々のスキンケアの見直しです。

 

大人ニキビ専用の化粧品を使ってみるのが一番ですが、

 

その中でも女性ホルモンのバランスをサポートしてくれる化粧品を選ぶとニキビだけでなく、
美肌やストレス緩和などにもアプローチされ、乾燥肌・敏感肌の方も健やかな肌に導かれていきます。

 

ラ・ミューテ公式サイト

 

ラ・ミューテ美容液のみであれば半額で試すことができます。

 

ラ・ミューテ半額お試しモニターの詳細はこちら